あの頃の僕 あとがき

私の拙い文章をご覧頂き誠にありがとうございます。

あの頃の私には直情的で、何かを為し遂げたいエネルギーに満ち溢れていました。

今思い返して見ても、一生懸命生きたと思います。

天真爛漫な幼少時代。
やることが見付からなかった10代。
家族の為に必死に生きた20代。
立ち止まり、今までの人生を振り返り、自己否定に歳悩まされた30代。

そして今、38歳の年を迎え、一つ、幸せとは何か、ほんの少しだけ、気付くことが出来たと思います。

『色即是空(しきそくぜくう)』という言葉があります。
ここにコップに半分のお水が在ります。
これが『事実』です。
その『事実』が、
「半分しか入っていない」と思うか
「水しか入っていない」と思うか
「半分も入っている」と思うか
「水が入っていて有難い」と思うか
全て自分次第です。

それは『人生の色は自分でつける』ことに他なりません。

過去はもう過ぎ去ったものなのに、いつまでも人は負の感情を引き摺っている。

それはより良い環境を望む人間の本能なんだと思う。

『もう二度と失敗したくない』

その本能に対して、ポジティブに改善出来るか、ネガティブにリフレインするかだと思う。

そしてそれは両方心の中にある。

だから、負の感情が悪い訳じゃないと思う。

マイナスはプラスの為にあるのだから。

マイナスを経験しないと本当の有難さには気が付かないと思う。

ものすごく走って喉が渇いたから、本当に水の有難さがわかるんだと思う。

皆さんは自分の心の中の小さなあなたの叫びに耳を傾けているでしょうか?

誰しもが小さな自分を心に秘めています。

その小さなあなたに、大きなあなたは声を掛けていますか?

『辛いよぅ』
と言う小さなあなたの声に気付いて
『そうか、小さな自分は今辛いんだね』
と認めてあげていますか?
小さなあなたの声に蓋をして、
『辛くてもまだまだ頑張れる』
『他の人はもっと頑張ってる』
『頑張らなきゃいけない』
『こうでなければならない』
と自分の中の小さなあなたに無理をさせていませんか?

今すぐ自分に謝ってください。

そして、小さなあなたの声を聞いてあげてください。

小さなあなたの声とは『感情』のことです。

一人でいる時、
『なんだかモヤモヤする』という感情があれば
『そうか、小さなあなたは今、なんだかモヤモヤするんだね。』と事実を肯定してください。
『なんだか悲しい』という感情があれば
『そうか、小さなあなたは今、なんだか悲しいんだね。』と事実を肯定してください。

あなたの心はあなたが肯定してあげてください。

自分の心は自分でしか癒せません。

『小さなあなた』はいつもあなたの優しい言葉を待っています。

『有難う』
『ごめんなさい』
『許してください』
『愛しています』

この4つの言葉はハワイの秘法『ホ・オポノポノ』の言葉です。

これを心の中の小さな自分に唱え、周りにも使うことで、幸せになれるという魔法の言葉です。

『因果(いんが)』とは原因と結果のことです。

私は『思考の方向性が因果を決める』のだと考えました。

マイナスの思考にはマイナスの行動をもたらし、結果として不幸になる。

プラスの思考にはプラスの行動をもたらし、結果として幸福になる。

だから、せめて自分の心にはプラスの言葉を掛けてあげる。

だけどそうは思えない時がある。

それも
それすらも
『そうか、今小さな自分はそういう風に考えられないんだね。』
と認めてあげてください。

心と身体は一体です。

だから、

心が疲れた時は身体も休ませてあげたり
また、心を解放してあげたりする。

それが行き過ぎる人が『精神病』と呼ばれるんだと私は思う。

そういう人と接する時は適切な距離を取って見守ること。

すると自然と生きる力が沸いてくると思う。

兄が去年から統合失調症になった。

幻聴が聴こえてくるようになり、生活が困難になって離婚した。

母親と暮らしていたが、今はグループホームに入り自活している。

詩織との生活で得た教訓が生きた。

人生に無駄なものなんて無い。

自分の人生をそうやって一つ一つ肯定していく。

今どうしても辛い人は環境を変えてみることだと私は思う。

その為にはどんな方法があるか知ることが大切だと思う。

それが生きる為の智恵になる。

人間は皆、選択の毎日だ。

パンを食べるか
ご飯を食べるか

右に行くか
左に行くか

その一つ一つの選択が毎日を創る。

そして人生が創られていく。

その人と離れるのも一つ
離れないのも一つ。

間違った人生なんてどこにも無い。

間違ったと思ったらやり直せばいい。

失敗は成功の母なんだから。

『自殺』というリセットをするよりも、人生をやり直す方がいい。

そして、人は人生に彩りをつけることが出来る。

人生に彩りをつけることが出来るのは自分だけだということ。

人生という花瓶の中に、最期にどんな綺麗な花を咲かせたいだろう。

どんな花を咲かせるかは自分次第だということ。

この世界で必ず人に定められていることの一つに『命は有限である』ことがある。

精一杯人生を生きること。

自然を謳歌し
自然に生きること。

小さな子供はその瞬間その瞬間を精一杯生きている。

泣いたり
笑ったり
翔んだり
跳ねたり
寂しくなったり
喜んだり

そこには考えて行動するという選択はない。

ただただ
その小さな身体で自然に生きている。

子供が大人になったのが大人だから、出来ないことがあっていいと思う。

色々な人生が様々に交差して人生に彩りが出来る。

この世界をどう生きていくかはあなた次第だと思う。

与えられた身体で

どう生きていくか。

なんとなく非凡で、なかなか普通じゃ経験出来なかった人生を今自分は歩んでいる。

だけど、みんな一緒に生きている。

みんなそれぞれの人生がある。

なんで三浦春馬に生まれなかったのだろうと考えても仕方ない。

みんな自分の与えられた心と身体で生きていくんだ。

欠けてしまった人生と思うか
満ち足りた人生と思うかは自分次第。

五体満足なら上等じゃないか。

『人生とは死ぬまでの暇潰し』なら
大いに生きていこう。

『死ぬこと以外はかすり傷』なら
なんだって出来る。

私が人生に於いて大切にしていることの一つに仁義礼智信厳勇がある。

『仁』とは慈しむ心、優しさ
『義』とは義侠心、人を助ける心
『礼』とは礼節、礼儀
『智』とは知ること、生きる為の智恵
『信』とは信じること
『厳』とは諌める心、自分への厳しさ
『勇』とは勇気

この7つの心が人生をプラスに導いてくれる。

一つ一つの心に問いただす人生のドラゴンボールだ。

全て集めると願いはきっと叶う。

全ての人生に意味をつけるのは自分次第だと思う。

あなたの人生の全てがあなたが光輝く為にある。

心を光輝かせること
その証が笑顔に現れる。

人生の全て力を魂が輝やくことに注力するんだ。

幸せは自分の中にしかない。

そしてそれが出来たら半径5m以内の人を幸せにするんだ。

そうやっていたら、必ず幸せになれる。

今が不幸だと思うなら、自分が不幸を享受したいと思っているからと、
今がそれを学ぶ時期だからだ。

だから精一杯もがけばいい。

そんな時があったっていいんだ。

挫けてもいい。

ただそんな自分の心を自分から許すんだ。

散々打ちのめされたと感じたら、苦しくても立ち上がれ。

少しずつでいい。

真っ直ぐに立つんだ。

そして、少しずつ歩くんだ。

そしたら必ずうまくいく。

困ったら相談に乗るよ。

一人じゃない。

今の時代を一緒に生きている仲間なんだ。

100年後にはきっと今これを読んだあなたはもういない。

ネットの機械を通してだけど、今私はここに存在して、あなたは存在しています。

その奇跡的な確率に感謝して、今を生きよう。

さぁ、一緒に行こう!

この世界で一緒に今を生きよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    あなたの言葉、全部、読みました。
    ありがとう。
    自然と口に出していました。
    自分の負の部分を認めることは、なかなか難しい。でも、やってみようと思えました。

  2. 匿名 より:

    ありがとう〜♪

  3. 境界性人格障害者です。 より:

    私は4年前に「境界性人格障害」と診断され、隔離入院した経験があります。
    優和さまのblogを拝見して胸が痛くなりました。
    私も夫に多大な迷惑をかけていたからです。
    私の場合は一ヶ月弱の隔離入院で子供と離れる事の辛さに気付き、退院後も減薬に成功して今では通院もせず、薬も飲まずに親子で暮らす事ができています。
    今でも、子供の学校行事や他の父兄との付き合いが続いたり、実家との関わりがあると精神的に疲れて寝込んでしまう事があります。
    夫や子供はこんな私を温かく見守り支えてくれていますが、その心痛を思うと感謝してもしきれません。
    大切な事に改めて気づかせて下さり、本当に感謝致します。
    ありがとうございました。

  4. より:

    こんなカンジ、ココロに引っかかるヒト、ご苦労さまです。
    同じ年齢でこのような経験、感受性をお持ちなのですね。
    私も死にかけて入院詰めだったので目線がこっち側です。
    コトバにするのは難しいですね、伝えるのはもっと難しいですね。
    大事なモノはヒトそれぞれ、大切なモノはすでに持っています。
    あ、共感者発見!と、ほくそ笑みました。
    身近にいるとおもしろいのに。
    根拠ない自信、ポジティブな前進、いつのまにか解脱。
    きっとそうでしょ。
    周りは話しても気づかないよ、見せ付けるしかないよ、ザマをね。
    みんな忙しいらしいからね。
    どれだけのヒトが拾えるだろうかこのブログを。
    僕は幸運だね、出会えたことがね。
    応援してるよ~。

  5. ハナ より:

    色々考えさせられました。
    ありがとうございます!
    私は新婚で、今は妊娠7ヶ月になります。毒親に育てられてた事に気付いたのは結婚して夫と夫の家族と接してからでした。夫は絵に描いたような幸せな家庭で育っており、羨ましい反面、劣等感と実親への恨みというものが28才になってから初めて芽生え、自分自身の本当の性格がわからなくなっていました。
    産まれてくる子供に、負の財産(育児放棄、毒親、虐待)を残さない様に私の代で断ち切りたいと思います。
    絶対子供を幸せにしようと思います。沢山抱きしめてあげようと思います。
    私もコップに水が注がれてるだけでありがたいと思えるように自分の人生を大切な人達と一生懸命生きたいと思います!
    更新楽しみにしてます!

  6. 人格障害です、書き込みお許しください。 より:

    仏教セラピー、お寺ネットで検索してみてください。
    余計葛藤は増えるかもしれませんが、人間の心の仕組み、社会の仕組み、ご夫人が障害者ではないと感得すると思います。

  7. 追記 より:

    あと、山中ショウセイで検索してみてください。
    あなたなら、最速で心の葛藤から抜けられそうですね。

  8. フィリパ より:

    45才になった今、とても毎日が生きつらく、自分ばかり責めつつ、つらい毎日を送っていましたが、、、あなたのブログを拝見して、ああ私の旦那さんもたぶん、あなたと同じ気持ちなんだろうな、と、思いました。
    あなたの奥様と同じく、育児ノイローゼの母親に振り回され、2児の母親になった今、その母親と同じように子供や旦那様にひどいことを行ったり、したり、でも、でも、、ほんとに毎日、毎日、反省して、自殺も考え、、でも、子供達の将来に悪い影響を考え、、思いとどまりの、繰り返しです。      でもね、ごめんなさい、たぶん、あなたのことを詳しくは知りませんが、たぶんあなたの人生で、すっごい体験、いいえ、他の人の人生でもなかなか、体験できないような体験を、されていますね。それだけの器がおありになるとお見受けしました。                     今後、つらくて、例えば離婚されたとしても、奥様の表面的なことは別として、こころの奥では本当に、感謝、感謝なのですよ。だから、できるだけ、あなたの気力と愛情がつつく限り、がんばって見守って」あげてほしい、例え別居など、夫婦の形が変わったとしても、新しいかたちの家族を作ってほしいです。勝手なことをいって、ごめんなさいね、でも、あなたは器の大きい方とお見受けしましたので、つい、言ってしまいました、もし、おきを悪くされたら、申し訳ないです。

  9. ひー より:

    初めまして、私は高3の一人娘の父です
    嫁さん2度の精神病院へ強制入院をしました
    一度目は慌てるだけの日々でしたが
    嫁さん改善してもう無いって矢先に
    二度目の強制入院になりました。
    そしてその戸惑いからメンタルブログを作りました
    まだほとんど読んでいませんが
    書かれている事は とても共感します
    私も今は嫁さんが改善しているので
    今は私と同じ看る側の経験をしている人や
    今メンタルで悩んでいる人には時として
    「苦しいのは 私だから言わないでよ」って
    思われるのを承知で 看る側の気持ちを
    書いて行きたいって思っています
    今は嫁さん安定してるので
    メンタルのブログって言えない状態ですけど・・苦笑

  10. monmon より:

    人はその人に合った経験をするものです。
    自らに課せられた経験。
    それは必要不可欠な宝物です。
    否定し、拒絶し、逃げ出したくなる事も
    たくさんあるでしょう。
    それよりも受け入れるほうが、楽になる事も
    あるのです。
    人はみな平等といいます。
    そんな事はない!と言う人も多いでしょう。
    しかし人はみな平等に時間を与えられます。
    同じ時間の中で、何を得られるか。
    どれだけの経験を出来るか。
    どれだけの人を幸せに出来るか。
    1分1秒でもいい。
    誰かが幸せを感じられれば。
    それを自らの幸せと、思えれば。
    辛い事、幸せな事。
    一つ加えるだけなのです。

  11. 匿名 より:

    ブログ主を責めるコメント(1歳3歳まで嫁に任せっぱなしだとか)見ていてとても不愉快。
    精神病になれば人を傷つけていいの?病気だから人傷つけてもしょうがない?何言ってんだ。主が暴力を振るっていたから嫁が病気になったとかそういう理由ならまだしも。
    家族が生活に困らないよう一生懸命働いているんだろ?それを育児放棄とか言ってる奴の気が知れない。だったら旦那に家庭任せて自分が同じだけ稼げばいいじゃない。きっとこの旦那ならちゃんと育児するでしょ。

    病気だからって人を傷つけていいわけ無いだろ
    ここのコメントみてると同じ精神病患者目線が痛すぎる
    どんだけ自己中なんだよ。

    病気だからって甘えんな だからいつまでたっても治らねえんだよ
    人にばっか頼って、文句いって責任なすりつけて。
    そういう奴はホントクズだと思う。

    何度も言うが
    精神病だからって他人を傷つけていい理由なんて一つもない。

    • なみ より:

      無知だなあ。
      自分をコントロールできないのが病気。
      自分や家族が病気なったら、せいぜい後悔しな。
      治らない病気もある。
      甘えんな、ってあなが死にかけたら、言いたい。笑顔で

  12. なみ より:

    かわいさだけで好きになったのかよ(笑)
    それまでのモテ期の代償だな。
    彼女には奥床しさ求めて自分はチャラい。
    ここの文章も、薄っぺらくて途中で読むのやめた。小学生かよ。または何かのコピペ?
    この程度に感動するとか、皆さん幸せだね。
    残りの人生でせいぜい結婚前の代償払いな。

  13. ふみ より:

    言いたいことを書き散らすのはいいが、
    自己満足で奥さんのプライバシーを傷つけるのは良くないかと。

    この男は、
    離婚してもなお、相手の人生を潰すしか能がないのか。

    早くやめてあげては。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA