妻は精神病 今の僕の気持ち 4

「…ひょっとしたら詩織さん、育児ノイローゼの気があるかも知れないです…」

「育児ノイローゼ…」

正直、心療内科という選択は考えもしなかった。今になれば早く行けば良かったと思うけど、当時は何をどうすればいいか全く分からなかった。

話しを聞くと、区役所には保健婦さんが常駐しており、育児についての色々なサポートをしているとの事。特に田中さんは詩織と年も近く、友達のように仲良くしていたようだ。最近は詩織も具合が悪いため、ちょくちょく電話等をして様子を見てくれていたらしい。ここ数日が特におかしかったみたいで、このまま放っておくと虐待の可能性も出てくるかも知れないと脅かされた。

…なんだそりゃ?

とりあえず詩織に電話を代わる。

受話器に向かってむせび泣く詩織。

おもわず子供達を抱き締めた。

(…こいつら…傷つけられないなぁ…)

…チン。

「…話し聞いた?」

「うん…」

「病院行ってみようか?」

「…………うん…自分では良くわからなくなっていて…でも、この体調が病気のせいなら私も治りたいから…

…行ってみる。」

「よし、わかった。」

すぐに田中さんに近くの心療内科を紹介してもらい、診察に行った。

(育児ノイローゼってあるんだなー)
等と思いながら、子供達と詩織を待った。

「―ご主人さんどうぞ。」

奥に呼ばれると不安そうな顔をした詩織がいた。

「はじめまして、この度は大変でしたね。」
優しそうな40代位の女医さんだ。

「さっそくですが、ご主人さん。
まだ診断の結果は出てないのですが、奥さんはPTSDの疑いがあるかも知れません。」

「ぴぃてぃぇすでぃ…?ってなんですか?」

「あぁ、詳しくは調べてみないとわからないのですが、PTSD。『心的外傷ストレス障害』つまり、そうですねぇ…

例えば車で大きな事故を起こした人が、トラウマになって車に乗るのが怖くて乗れなくなったりとか、

ショックの大きい出来事にあった事がトラウマになって、その後の生活に支障をきたす事…
ですね。」

「…?
それが何か?」

「つまり、奥さんは幼い頃に何かしらあった出来事が原因で今、育児が出来なくなっているのだと思います。」

「?育児ノイローゼじゃないんですか?」

「えぇ、厳密に言えば違うんです。
とりあえずまた来週こちらにおいで下さい。それまでに診断の結果が出てますので。
お大事にして下さいね。」

その日は精神安定剤を処方されただけだった。

そして次の週。

―続く。

------------------------------------------------—

皆さん税金を納めていますか?

我々の働いた内のいくらかや消費税などでお国にお納めしておりますが、大切なことですよね!

結果的にはこの保健士さんのおかげでスタート地点に立つことが出来ました。

詩織さんも私も皆目検討がつかない中で保健士さんが気付いてくれなかったら…
また病院を薦めてくれなかったら…

考えただけでも身震いします。(ブルブル)

日本に生まれて良かった。
保健士さんがいてくれて良かった。
その保健士さんが田中さん(仮名)で良かった。

そういえばお礼も言ってなかったです…

大変失礼ながら御名前も失念してしまいましたが、当時札幌清田区役所の若い女性の保健士さん。
こんな結果にはなってしまいましたがあなたのおかげですごく当時は助かりました。

この場を借りて御礼申し上げます。

本当に有難うございました。

近頃は公務員の給料がーとか
国民の血税がー
とか普通に聞かれますけど、税金が無いと大変なんですからね!

え-コホン。私は公務員ではありません。念のため。

でも私の住む札幌市は全国で一番公園が多いらしいのですが、公園にはめっちゃお世話になっていますので、そういう面でも大切ですよね!

年末の予算編成の為の無駄な道路工事とかありますけど…

ね!

そんなこんなで人との繋がりって大事だなぁと振り返って思いました。

詩織さん自身も何が何だかわからないという不安感は多分にありましたので、何か解決の糸口になればとお互いに必死でした。

若い無知な二人が必死に子供二人抱え生きていました。

19歳で出会い
20歳で同棲し
21歳で結婚し
22歳で長女が産まれ
23歳で管理職になり
24歳で長男が産まれ
25歳で詩織さんが精神病になり

何だかジェットコースターでしたね。

大人しかった詩織さんにとっては刺激的過ぎる毎日でしたでしょう。

今思えば
もっと穏やかな日々を過ごしていればよかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. よりこ より:

    市政サービスや社会保障は自分たちを含めたすべての人たちのために必要なものなのです。批難する人が多いですよ。自分は決してそうはならないと言って。税金の無駄遣いと言って。でもそうは言えないので…考えてないんだなと思います。弱者と呼ばれる人たちが社会の網から出てしまったら犯罪も増えます。そのための税金です。確かにちょろまかしている人もいるのですが、それでも、困っている人たちに届くようにと思って、税金は払っています。
    お若かったから色々しなければいけない事が沢山あったと思いますが、今の心境を読ませていただき素敵な方になられたなと思いました。
    大切なものを大切にしていってください。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA