妻は精神病 今の僕の気持ち 29

「そうは言っても頼りになるのは旦那さんしかいないのだからしっかりしないとね。」

はい、その通りです。

正しい答えです。

正直、みなさんがなかなか理解しがたい部分がそこなんだと思う。

精神病の人間と付き合う事を一言で述べると

『イバラの道を丸裸で進むようなもの』

だと思う。

実際の世界ならば、

じゃまな枝は切り落とすハサミがある。

革の手袋もあるだろう。

頑丈な靴もあるだろう。

しかし、心の領域にはそれがない。

人間の心とは何と儚く、脆いものか。

それは数々の事件を見てもわかるだろうし、

自分が生きてきた人生を振り返ってみればわかるだろう。

なるべく辛い思いをしたくないのが人間。

だから便利を求める。

ゴールの見えないイバラの道。

最初は身体も元気

気力も充実しているだろう

徐々に傷ついていく身体

欲しいと願う

よく切れるハサミが

強い手袋が

破れない靴が

少し道が良くなる

しかしイバラは鋭さを増す。

傷はなかなか治らない。

治らないどころか、傷が治るその上に新しい傷が重なる。

少し後ろにはイバラの道を歩むパートナーがいる。

彼女の身体は私の三分の一の大きさで

針のムシロを被り

自らの逃れられない痛みで苦悶している

血の涙を流し

こちらを睨む

パートナーは罵倒する。

「あなたのせいでこんなに辛い思いをしている」

「あなたにこの痛みは分からない」

その針のムシロを脱ぎさればいいのに

それがわからない

出来ない

いつまで傷つけばいいのだろう

いつになったら越えられるのだろう

イバラの棘は突き刺さる

イバラの棘は増えるばかりだ

続く
————————————————————————————————————

当時の私の心境です。

今の私から見ても、なかなか的確に精神病患者と生活した者の心の描写を表していると思います。

今の私からこの時の過去の私にアドバイスをするならまず『逃げろ』と言います。

自ら退路を断った(つもりでいる)なら軽々しく『覚悟』を口にしないことです。

でも、今の私は思います。

私はどんなに強そうに見える人間でも、人間は弱いと知りました。

『人間は弱い』

それを知った上で生きる道を模索すべきだったと思います。

全ての生きる道が松岡修造さんのように『努力すれば出来る!』と思っていました。

過去の私は熱い男でした。

自分の中の弱さを認めたくなかったんです。

今はほんの少し冷静になることが出来ました。

だから「逃げたっていいんだよ。」って言ってあげると思います。

強さと弱さを知り、
その上で長所が短所であることを知り、
そして、それすら人間の心が創り上げた空虚だと、
ほんの少しばかり知り得た時に、
ほんの少し、心が楽になったような気がします。

そしてそれが忍び耐えること、いわゆる『忍耐』の構築に繋がると思います。

『忍ぶ』という字は『刃』に『心』と書きます。

『刃』というのは日本刀の刃のことです。

刃を焼き
叩き
また焼き
そして叩き

それを繰り返すことによって強靭な『刃』が作られていきます。

そうやって焼き、叩かれを繰り返された『心』が強い刃のように強靭となる。

『忍ぶ』とはそういうこと、
そしてその心を持ち、耐えることが本当の『忍耐』なんだと今は感じます。

私はまだまだ真の忍耐を体現出来るような人間ではありませんが、焼かれ叩かれ、その上で磨きあげられた心を養っていけるように、これからも今を精進していきます。

深い悲しみ、
深い苦しみを体感することが、
その人生に於いて、
深い幸せを構築する為の礎となると、
今は信じ、
そしてそれを体感しつつある自分を信じ、
今を生きています。

『忍耐』とは、我慢し続けることではなく、
『和顔愛語』を持ち続ける忍耐を持つことだと思います。

自分は生かされていると気付いた時から、
人間とは『お互い様』だと気付き、
だからせめて笑顔で愛のある言葉を伝えていきたい。

でも、そう思えない時もあります。

そんな時は『忍耐』を思い出し、『あんなに辛かったことを乗り越えたんだから大丈夫!』と自分を励まし、

だけどそれでもダメな時は大人しくしたり

仲の良い人生の先輩に愚痴を聞いてもらったりしています。

今私はそうやって生きています。

そういう日々も
そこそこ幸せに感じて
感謝して生きています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. moon100 より:

    初めまして。
    Blog全部読ませて頂きました。

    読んですぐに共感しました。

    でも、何日か経ち、少し違和感を感じています。

    それは、あなたが、詩織さんのことを、精神病患者とレッテルを貼って見ている感じがあるからです。

    誰でも、完璧な人間なんていないと思います。

    大統領だって不適切な行為するし、100%育児放棄したのですか?

    不貞行為と育児放棄の精神病患者という評価しかないわけですか?

    私も、詩織さんと同じ状態になりました。
    だけど、夫は、私のこと、おかしいとはレッテル貼って接しなかった。

    疲れてるんだけだよと、休んでていいよって言ってくれた。
    だから、私は、今までやってこれたんだと思う。

    みんな、あっちの世界とこっちの世界を行ったり来たりしてるんです。

    お前は、あっちの世界の人間だ!って、決めつけられたら、こっちの世界には戻ってこれなくなります。

    私は、13年前、自分のこと、境界性人格障害かなって、悩んでた時がありました。
    その時、相談した人が、言ってくれたんです。
    君は、境界性人格障害じゃないよって。大丈夫だよと。
    みんな、あっちの世界とこっちの世界を行ったり来たりしてるんだと。

    境界性人格障害って、先天性のものでは無いですよね。
    原因は、確かに、幼児期の成長過程による母子関係とか環境による、いわゆる愛情不足が、原因なのだと思う。

    でも、そんな人って、たくさんいると思うんですよね、多かれ少なかれ。

    詩織さんは、優和さんと出会った頃、保育士を目指していたんですよね?
    もしも、そのまま、保育士の夢を叶えられてたら、どうだったのだろう?って、考えたことありませんか?

    私が自分のこと、境界性人格障害じゃないかなって初めて悩んだ時期は、子供を二人産み、仕事を辞めた頃でした。
    もしも、仕事を続けられていたら、少なくとも、あんなに堕ちたりはしなかったと思う。

    自分の子供もちゃんと育てられないのに保育士なんてと、もしかして、思うかもしれない。

    だけど、違うんですよ。
    仕事とプライベートはまるで違う領域ですよね。

    家で料理しなくても、仕事ならやりますよね。
    教師だって、仕事では、名教師でも、家庭では、自分の子供が不良だったり落ちこぼれだったり。

    仕事をしてる時間は、正常な自分になれる。
    冷静な自分になれる。
    だけど、仕事してないと、リセットされる瞬間がないから、いつまでも、だらだらダメな自分のままだったりするんです。

    旦那さんが、朝、出勤して、夜、家に帰るまで、掃除、洗濯、片付け、夕ご飯を作って、ちゃんとしようって、最初、頑張ってたんだけど。

    だんだん、出来なくなっしまって。

    旦那さんが、仕事で疲れて帰ってきたのに、私は、何にも家のこと出来なくて。

    だから、ごめんなさい、って、何回も言ってました。
    ごめんなさい、ごめんなさい、怒ってる?って。

    旦那さんは、怒ってないよ、大丈夫だよ、って言ってくれると安心した。

    明日は頑張ろうとと思った。

    けど、だんだん、出来ない日が、増えてきて。

    ごめんなさい、って、言う日が増えてきて。
    私って、ダメだなって、自分を責めて。

    明日はちゃんとやろうって思うんだけど、出来なくて。

    私も、そういう感じでした。
    とても辛かったです。

    でも、夫や子供達が、私のこと、精神病患者とは見てなかったから、救われたのかもしれません。

    精神病患者って、レッテル貼られたら、私も、家から、逃げ出してたかもしれません。

    私の中には、冷静な私と、冷静じゃない私がいて。
    頑張れる私と、頑張れない私がいて。
    真面目な私と、真面目じゃない私がいて。

    みんなそうじゃないですか?

    そのパーセンテージが、どの私が、支配するかにより、変わってく。

    それは環境だったり、人との出会いだったりで、変わってくんですよね。

    人と人の出会いは、ケミストリー。
    化学反応。

    相性。

    そういうので、あっちの世界に行ったり、こっちの世界にいったりしてしまうのではないかなと思います。

    ちょっとした些細なことで、心が、気持ちが、反転してしまうんです。

    嫌いから、好きに。

    好きから、憎いに。

    ネガとポジみたいに。

    中庸はなくて。

    とっても大好きから、とっても大嫌いに変わってしまう。

    でも、好きだから、憎しみに変わる。

    詩織さんは、あなたのことを、憎くなるほど、大好きだったんだと思います。

    詩織さんのこと、精神病患者の不貞行為の育児放棄とレッテル貼らないであげてください。
    それは、詩織さんの、過去の一部です。

    もっと大きな目で、見てあげてください。

    大切なお子さん達を産んでくれた、大切な女性ではないですか?
    わま

  2. mi より:

    ブログ主さんにも詩織さんにも(オカシイなりにも)一理あるよな・・・と思って最後まで読みました。また、詩織さんについててあげんと…と思ったのでしょう、二人のお子様は、素晴らしい人に育っているかと思います。

    moon100さんがちょうど↑でコメントされているように、仕事をしていたら詩織さんは発病せずに済んだのでは…と私も思います。専業主婦・母の立場の女性は、どれだけやったらいいのかわからず、いつも責められているような気持ちになってしまうものです。会社勤めは、わりきれる部分もあるのですが。

    ともかくも、詩織さんがありもしないDVを訴えなかったこと、子供さんたちが元気に育っていること、主さんもお母様もストレスで重病になったりしなかったこと(私は、母をストレスから発症したと思われるガンで亡くしましたので)を喜びたいです。

    まだお若いので、幸せになって下さい。

  3. くみ より:

    私の夫は睡眠障害で精神科にかかっていました。症状は睡眠障害だけではなく色々で家庭生活は混乱していました。そんな中私が病気の元凶だと言われておりましたが、私は病気の夫と当時11歳の子どもを二人にはできないという思いで頑張っていました。が、結局私は追い出されました。子どもは男の子ひとりです。、夫の親族もそれに同意し、戻りたいという私を拒絶しました。7年間音信不通で暮らしておりました。子どもにいつの日か会うことをただ糧にして私は暮らしてきました。別居して7年を経て、突然の夫の親族からの電話がありました。子どもが精神病を患っているので戻って欲しいとのことでした。私は元の家庭に戻って今暮しています。病人二人です。以前3人で暮していた時も、離れていたときも、今もつらいです。つらさの内容が違うだけです。こんなもの。

    • 匿名 より:

      精神病の男の子は18歳なのですね。
      あなたの心身がとても心配です。
      あなたご自身を守ってください。
      誤解を恐れず言わせていただくと、見捨ててもいいと思います。
      こちらのブログはずっと拝見しておりましたが、あまりの書き込み内容に思わずレスつけてしまいました。
      ブログ主様、失礼しました。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA