妻は精神病 41

最近仕事も忙しいし、体調もあまりよくない。

ついでに詩織の調子も良くない。

先日も後輩と仕事の電話の最中に話にまざってきたので、電話が終わった後に

「それはやめてくれ」

と言ったら、それが気に入らなかったらしく、

「アンタだって話にまざってきたじゃない!」

と10年くらい前の話を出されてキレられました。

スゴイ目つきで睨まれますよ。殺す勢い的な。

あれは慣れません。

その目つきが出た時は、キレるサインです。
もう何を言ってもムダ。

その後に、喚く、喚く、喚く。

そして泣く、泣く、泣くと。

かなりの罵詈雑言をつきつけられるので、強いストレスを頂きます。

気にしなければいいのですが、弱っている時の心はかなり傷つきます。

自分の感情を抑えつけて相手を慰める。

これは実際、自分の体調が良くないとかなりキツイ。

弱い心は相手の理不尽な怒りに負けやすい。

それが以前書いた『共依存』に繋がる。

心をまともに保つように意識するが、

「自分ばかりが正しいと思ったら大間違いだよ!!」

の言葉に心が揺らぐ。

そんな事はわかっている。

俺は神様じゃないから、全ておまえの理想的な答えを導き出せないよ。

気を抜くと相手の言い分に飲み込まれる。

一回でも認めると

「あの時いいって言ったじゃない!」

となる。

なのであまりいつも注意もしないけど、した時は私も譲らない。

わかって欲しいから。

そうやって一つ一つ理解させてわかってもらう。

『これはダメ』

をインプットしてもらう。

だけど、

弱音かも知れないし、みんな一緒だと思うのだけれども、

本当は体調の悪い時くらいは誰かに頼りたい。

俺はそんなに強くない。

疲れた。

続く

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ちぃ より:

    なんか、ほんと、頑張りすぎですよー。というか、奥さんのこと、子供と同じように見てますね。

    奥さんのこと、しつけしようとしてるみたい。奥さんが子供っぽく感じられて、自分の中の理想の奥さん像と違うから、これが正しい奥さんだよ。これが常識だよって必死に、必死に、奥さんのことしつけようと思ってるみたい。

    男の人からしたら、大人として、愛してるからこそって感じなのかもしれないけど、私がもし、奥さんだったら、バカにされてる気がするし、対等な人間として見てもらえてないって感じるし、愛されてないって感じてしまいそう。

    それが、あんたのせいだって表現になってるんじゃないかなー??

    でも、旦那さんが、そうなっちゃうのも、当たり前だと思うし、どうして、旦那さんだけが我慢して仙人か神様みたいにならなあかんのっ?とも思います。

    旦那さん自身が、奥さんにとって、病気を治すために、自分がしんどくても耐えるべきって思ってるみたいに感じます。

    なんか、お互いの想いがすれ違ってるなーって歯がゆい

  2. はるの より:

    これは納得です。
    なぜか、お互い不調な時ってかみ合いませんよね。
    あとは、叱られて譲らない時の主人の気持ちが私の所もそうかもしれないと考え直すことが出来る回でした。
    叱る時は疲れているから細かい事が目について、感情任せになってると思っていたところがありました。
    でも…ご主人さんのような気持ちがうちの主人にもあるのかも知れません。
    お互い具合が悪い時こそ、私から主人の事を理解しようと思いました。
    ありがとうございます。

  3. よりこ より:

    疲れているときは、頑張らないでいいと思います、相手の発作は相手もセーブできないので。全身全霊で豪速球を投げてきます。今までの心に積もったことを全て下ろしてしまいたいが為の苦しみや不安や焦りから来ます。こんなに苦しいから、どれか一個でも背中から降ろしたい。この苦しみは人から与えられたもの。そういう感覚が恨みがましい発言になります。大元の原因は幼少時だけど母親には恐怖があって恨みをぶつけられない。少しずつ彼女が整理していければ実の母親に意識が向くようになります。安心してからです。あなたは実の親代わりにされてちょっとキツイでしょう…。そんな日もあると割り切るのが精神衛生上いいです。あまり自分のせいだけだとか感じないで、バックグラウンドを見てあげるとあなたも少し俯瞰になれるのでは…。指図されてイラっとしても普通の人なら忘れるものですが、彼女は幼少期からをひきずってしまっているのです。今まで溜め込んでいた怒りが吹き出しているだけですがそれは心が成長しようとしている感覚です。大半の原因は彼女のお母さんとの関係にあるのですからあなたは抱え込みすぎないで下さいね。

  4. おうおう より:

    大変ですね…頑張って!

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA