妻は精神病 今の僕の気持ち 33

『強迫性障害』と診断されました。

《タダシ》が牙を剥きました。

『強迫性障害』とは精神障害の一つ。
従来は強迫神経症と呼ばれた。

精神の失調の一つの分類であり〔強迫症状〕という症状に特徴付けられる不安障害である。

〔強迫症状〕とは、強迫障害の症状で【強迫観念】と【強迫行為】からなる。
両方が存在しない場合は強迫性障害と診断されない。〔強迫症状〕はストレスによって悪化する傾向にある。

【強迫観念】とは本人の意思と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる観念を指す。強迫観念の内容の多くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを対して気にせずにいられるのに対し、《強迫性障害》のある患者はこれが強く感じたり長く続いたりするので強い苦痛を感じている。

【強迫行為】とは不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払う為の行為で、強迫観念同様に不合理なものだが、それをやめると不安や不快感が伴うためになかなか止めることが出来ない。その行動は患者や場合によって異なるが、いくつかの分類が可能で、周囲から見て全く理解不能な行動でも、患者自身には何らかの意味付けの生じてる場合が多い。

大半の患者は自らの〔強迫症状〕が奇異であったり、不条理であるという自覚を持っているため、思い悩んだり、恥の意識を持っている場合が多い。

原則として、【強迫観念】や【強迫行為】の対象は自身に向けられたものであり、これによって患者が非社会的になることはあっても、反社会的行動に結びつくことはない。

続く
------------------------------------------------------
『強迫性障害』ですね。

厄介です。

本人は不条理だと感じているのに止められないというジレンマには焦燥感が募ります。

以前から物が無くなることに対してのこだわりが強かった詩織さんにはこの気がありました。

物事の原因を内(自分)に追及した結果の現れかも知れません。

『それ』が気になると居ても立ってもいられなくなる。

『それ』が不条理だと知っていてもやらずにはいられない。

そんな詩織さんの姿を見て心苦しく感じました。

今私が思うのは、なってしまったものを改善するのは難しいので、『症状が出る前のならないようにする予防』が大切なんだと感じます。

『病気になる前のならないようにする予防』を『セルフメディケーション』と言います。
生活習慣病、例えば糖尿病で動脈硬化になり、脳梗塞になってから気を付けても遅いのと一緒で、軽微な症状の時点でいち早く異変に気付き対処していくことが大事だと思います。

その為に必要なものは『知識』だと思います。

知らなければ軽微な異変は気付かず、日々の生活の中に紛れてしまいます。

私がこのブログを綴るまた一つの理由として『知識』があります。

自分の至らない行動を晒すことは誠にお恥ずかしいですが、今まさに最中である方がいたとしたら、一つの考え方として知っていただくことが最悪の事態への回避に繋がるのではないかと考えたからです。

私が思う最悪の事態とは自らの生命を断つ行為です。

精神病疾患者と関わる際の最重要項目と言えば、『本人や周囲の方による自殺防止』だと私は思います。

自ら生命を断ってはいけません。

どんな理由があったって私はいけないと思います。

それは私が嫌なだけなので、それを止める手立ては無いのですが、少しでもそういう方が減ることを願っています。

話は少し変わりますが、最近昔のドラマにハマっていまして、『おしん』『北の国から』に続き、倉本聰さん繋がりで『優しい時間』を見ています。
まだ3話ですが、主人公である嵐の二宮さんのいじらしさと寺尾聰さん扮する父親の想いに涙が誘われます。

その中でヒロインの長澤まさみさんが、精神不安定なヒロイン「アズ」を演じるのですが、不安定極まりない描写の演技が秀逸過ぎていつも入り込み過ぎてしまい、心の中で(二ノ頑張れ!二ノ頑張れ!)と応援しています。(もう10年前に終わったドラマなのに。)

さて、この著しく不安定なヒロイン「アズ」を例に挙げて考えてみます。

3話現在、アズのわかっているデータとしては
・父親が他界されている
・そのときにお母さんが隣のおじさんと駆け落ちしていなくなる
・高校生の時に先生を好きになり話題に(その先生もちょっかい掛けて悪い、ちなみに役は佐々木蔵之介さん)その後不登校になる
・その際にリストカットを決行
・現在は喫茶店でアルバイトをしている
・注意力散漫で不注意にてよく食器を割る
・ちょっと気に入らない出来事があると直情的になる(二ノがくれたお皿をお店に持っていったら皆に「カレーに合わない」と言われ逆上、皿を叩き壊す(一応元々捨てるお皿))
・急にそのお皿が必要になり、二ノが「破片でいいから持って来て」と言うと焦りすぎて車の操作ミスを起こす
・二ノに少し依存気味になって来ている(アポも取らずに急に家で待っていたりする←さすがの二ノもちょっとびっくりして苦笑い)
とちょっとヘビーな女の子です。
…二ノが優し過ぎて泣けます。

とりあえず不安定ながらも一応バイトをしながら(時々居なくなったり、皿を壊しまくるけど)それなりにお姉さんのサポートを受けながら生きている感じで極めて不安定な印象を受けます。(私にとってはこれからどう安定していくのかがポイントです)

たくさん世の中におられるだろうなぁと思います。

ここまでいかなくても、ちょっと不安定になっちゃったりする方は多いと思います。私も時に(ぁ-)と思うことだってあります。皆一緒だと思います。人間だもの。

私が大切だなぁと思うことは『余裕』です。

『余裕』をお話する上で3つの心が私は必要だと思います。

①金銭的安定…好きな仕事で安定的な月収を得ること
②精神的安定…好きな人と一緒にいること
③時間的安定…上記二つが安定した上でゆとりのある時間を過ごすこと

なるべく、ゆとりと余裕のある人生を過ごしたいですよね。

ちょっと盛り上がって長くなったので次に続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA