妻は精神病 今の僕の気持ち 中間2

4流小説『Love is』が1/27完結しました!

10/1から書き始めた物語は258521文字という原稿用紙600枚以上のものになりました。

拙い文章ですが、今の自分の人生観を全て詰め込んだつもりです。

宜しければ暇潰しにでもご覧ください。

総平均読時間が500分位になるみたいです。通勤に30分位掛かるなら行き帰りで10日位は潰せるはず!

…ところどころ誤字脱字があります。暇を見つけながら推敲していきますので生暖かい目で見守ってやってくださいませ。

《あらすじ》
ラブイズの妻キキョウは精神病を患っていた。

日ごとに混乱を極めていく日常。

3歳の娘アイハ。

彼女は四半世紀に及ぶその人生の中で、何を見て、何を感じ、どう生きていくのか…

『人間は何の為に生きているんだろう…』

『なぜ人は悩むんだろう…』

人類の命題とも言えるその疑問を、様々な科学者達がその人生を掛けて追求していく。

その鍵を握る“ナノマシンシステム”

身体に配備されたナノマシンが心の領域にどう影響を及ぼすのか…

様々な人生が重なり、そしてその人生は綾なり、交錯していく。

それはまるで様々な人間関係に悩み成長していく私達の人生のように。

物語の最後、自身にとって大切なものが何なのか、もう一度考えてみてください。

私の妻は精神病でした。

愛情とはなんだろう
家族とはなんだろう
幸せとはなんだろう

とたくさん考えました。
あなたの心に何か一つでも残るものがあれば幸いと思います。

———————-

このブログのコメントや小説の感想も全て拝見させていただいております。
わざわざメールまでくださる方もいらっしゃいます。

皆さんこの場を借りて御礼申し上げます。

本当にいつもありがとうございます。

同じように共感くださる方
こいつの方が頭おかしいんじゃないか?と感じてくださる方
改めてパートナーの気持ちが少しでもわかったと言ってくださる方
そんなやり方は違うとご指摘くださる方
もっとこうしてみたら?とアドバイスくださる方

たくさんのお言葉を頂きます。

とても有難く感じます。

私は今、皆さんと同じように呼吸をして、この時代を生きています。

あなたのその考え、その生き方はそれだけで尊く美しいものです。

生きているだけで人間は素晴らしい。

自分を傷付ける人も
自分に優しく接する人も
同じように自分の人生に彩りを与えてくれる素晴らしい人達です。

その思いをどう受け取るかは自分次第だと思います。

外からの様々な因果に自分がどう解釈していくか?

それこそが“思考の方向性”であり、その“思考の方向性”が自分の人生を彩っていくのだと思います。

願わくば全ての人達の思考の方向性が幸せに向かいますように、心からそう思っています。

2016年1月28日
優和

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 僕も精神病だった より:

    僕も精神病でした。3ヶ月入院しました。この病気は不条理に負けることが原因だったようです。仕事で大失敗した人の後始末をやらされ、終わってみれば大失敗のご本人が偉くなって。。今でも許せません。会社も首になって。。ところで小説を前文一括でダウンロードできませんでしょうか?海外にいるのでなかなかつながらないので回線が調子のいいときに全文一度にダウンロードしたいのです。

  2. ねこむすめ より:

    大変なご経験をされた手記…数ヶ月前、最初から拝見しました。

    思考の方向性…そこで今とても苦しんでいます。
    わたしは札幌在住の38才、13才と2才になったばかりの子がいます。
    今の夫とは再婚で、夫は初婚でした。下の子がお腹にいるときに、夫の姑と同居が始まり、そここら夫の言葉の暴力が始まり、3ヶ月で姑と関係は破綻し、姑には別居してもらいました。
    あれから3年が経とうとしていますが、今頃になってわたしの精神に歪みが出てきたようです。
    優和さんの元のお腹に奥さまと同じような状況にしばしば陥ります…。リストカットまではいきませんが、そういう衝動にかられます。

    優和さんはカウンセリングのお仕事を現在していらっしゃるのでしょうか?
    思考の方向性…というところで、少しアドバイスをいただければと思うのですが…
    突然の図々しいメールをお詫びいたします…。

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA